sweet living シンプルで快適な暮らし

swliving.exblog.jp
ブログトップ

2015年 05月 25日 ( 1 )

デッドスペースの使い方

こんにちは〜(^^)

日々の暮らしを快適に・心地良く! そして楽しく♪

Simple Homestyle Method をお伝えする

神戸 三田 整理収納アドバイザー

臼井知子です






6月レッスン開講日♡


雑菌の繁殖しやすい季節を前に

キッチンをスッキリと使いやすく

キレイで清潔に、整えてみませんか?



『 Kitchen Organize & Storage 』
〜使いやすくラクで快適! キッチン収納レッスン〜


6月  5日(金)  

6月  9日(火)  残席1

6月10日(水)  

6月18日(木)  残席1

6月26日(金)  残席1 


レッスンの詳細はコチラ →







この週末は、近くの公園で毎年開催されている

まちなみガーデンショーへ

出掛けてきました〜




f0256551_14255477.jpg




鮮やかな色彩の花々や










f0256551_14263883.jpg




最近気になっている

スモーキーカラーのお花♡





そんな美しい花壇を見ながら

近郊の中高生による、吹奏楽の演奏♪


照りつける日差しの中

一生懸命に演奏する姿に、心打たれ。。。



素晴らしい演奏を聴かせていただきました♡

ありがとう♡♡











どこのご家庭にもある「デッドスペース」



本来の意味は…

家の中で利用できない空間




でも実際には

利用しにくい空間という捉え方のほうが

しっくりきて、イメージできるかもしれません

例えば…階段下・天袋・吊り戸棚の上段・奥行きのある引き出しの奥など、奥行きがありすぎたり、変わった形状、立った状態で目視できないような高さの収納等)





そんな利用しにくい

使いにくい場所や空間について


「何を入れていいのか分からない!」

「どう使っていいのかわからない!」

「モノを入れても取りにくい」

「収納として使いにくい」

「よく分からないモノが入っている」


など、使い方や収納方法などに

悩まれている方が、少なくありません






そんなとき、考えたいのが

「使いにくいその場所を、わざわざ工夫をし

何とか収めようとして、その手に持っているモノは

そもそも必要なモノなのかどうか」


ということ。





使いにくい場所は

出し入れするのが面倒なため

「出したモノを元へ戻す」という行動がしにくく



とりあえず空いた場所へ置いたり

モノが出したままになったりと

散らかりの原因になったり




その場しのぎに置いた、とりあえずの場所は

何処だったのか、忘れられがちで

探しモノの原因にもなり得ます





収納場所があると

「何か入れれる!」

「もっと入る!!」などと

モノを入れたくなったり

モノで埋めたくなるのは

人の自然な心理や行動なのですが



モノの厳選をしっかりとすれば

使いにくい場所や空間を

使わないという選択肢も出てきます



住宅や収納のスペース

家族の人数や、ライフスタイルなどにより

たとえ使いにくい場所であっても

工夫して使わないことには

モノが収まらない場合以外は



「デッドスペースは使わない」

という発想を

一度取り入れてみては、いかがでしょうか…



ご訪問いただき、ありがとうございます!!

ブログ更新の励みになります
下のアイコンをクリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ <暮らしのアイデア>収納 家事 インテリアへ
<暮らしのアイデア>収納 家事 インテリア


にほんブログ村 トラコミュ 美しい収納&お片づけレッスン♪へ
美しい収納&お片づけレッスン♪


にほんブログ村 トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!へ
もっと心地いい暮らしがしたい!


にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ
収納・片付け

by sweetliving | 2015-05-25 14:41 | 整理収納 | Comments(0)